妊娠線 肉割れ 予防 解消

妊娠線お役立ち情報を紹介

最近、口コミで広まった妊娠線・肉割れ消しクリームが人気です。
出産に伴ってできた妊娠線は一度できたら簡単には消すことができません。

 

それには専用の保湿性クリームが必要です。
そんなお母さんのために天然由来のオーガニック原料をもとに作られました。

 

頑固な妊娠線も、繰り返し塗りマッサージすることで、確実に薄くすることができます。

 

では、妊娠線クリームの1つであるノコアの口コミを紹介します。

 

・元気な赤ちゃんが生まれたのは嬉しいけど、この黒々したお腹線に悩んでいました。
 評判が良かったノコアに決め使い始めたのですが、 最初は効果が感じられず騙された!
 って思ったんですが、

 

 使い始めてから、3週間、鏡に映った自分のお腹を見てみると、
 明らかに線が薄くなっていたんです!
 嬉しくなって、さらにマッサージを続けたら、2ヶ月後にはほとんど見えないくらいになりました。
 専用の妊娠線クリームを使って正解でした!

 

・妊娠線クリームを使ったところ、ボコボコしたミミズの線が、だんだんと薄くなっていきました。
 触ると分かるくらいなので、普通の保湿クリームとの違いに驚きました。
 迷ったらノコア、と思えるくらい素晴らしいクリームです。

 

・夏に水着を着る機会があるため、お腹の肉割れのために購入しました。
 買って正解でした。夏までには間に合いそうです。
 値段がもう少し安ければ、さらに嬉しいです。

 

 

@コスメの口コミでもかなり高い評価を獲得している妊娠線肉割れクリームです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

妊娠線はお腹以外にもできる

妊娠線というとお腹ばかりを考えてしまいますが、
実は体のいろいろな部分にできてしまいます。

 

ですから、妊娠線ができやすい場所を予め把握しておいて、
お腹以外の妊娠線のできやすい部分もしっかりとケアをしておきましょう。

 

ちなみに、妊娠線クリームは高い保湿力と浸透力を持つ成分が配合されており、
お腹以外の部位にも、お使い頂くことができます。

 

 

女性は妊娠すると、体重がぐんと増加して全身のいろんな部分がサイズアップします。

 

人によっては妊娠してもあまり太らない人もいますが、
お腹だけでなく、部分太りをする人も多く、そういう部分に妊娠線が出たりします。
妊娠線のできやすい場所も個人差がありますから、自分の傾向も把握するように心がけて、
早期発見、早期ケアを心がけましょう。

 

 

【胸】
妊娠すると母乳を与える準備を体が始めるため、胸はどんどん大きくなります。

 

これはホルモン状態が変化することによって大きくなるので、
人によっては妊娠初期から大きくなる人もいれば、全くならない人もいます。

 

しかし、お腹よりも胸の大きさが気になる人もいるほどで、
人生で最も大きくなったという人も少なくありません。
妊娠がわかったら自分は胸が大きくなるタイプかどうかをよくチェックしてみましょう。

 

自分で見たり、触ったりしてチェックしますが、
特に胸が張ってつらい人は要注意で、急激な体の変化は妊娠線に繋がりやすいです。

 

 

【腰・お尻】
普通、妊娠するとほとんどの人は、腰からお尻にかけて急激に脂肪がついていきます。
ですから、腰からお尻も妊娠線ができやすい部分と言われています。

 

また、お腹が大きくなるにつれて腰周りの皮膚は引っ張られ、
妊娠線として残りやすくなってしまいます。

 

もともとスレンダーで痩せている体型、小柄な体型の人は、
この割合が大きくなるので妊娠線が出やすくなりますので、
腰・お尻まわりは注意してケアしましょう。

 

 

【太もも・ふくらはぎ】
腰からお尻にかけて急激に脂肪がつく人は、
それを支える太ももにも脂肪が多くつきやすいので注意が必要になります。

 

特に太ももの内側というのは皮下脂肪を溜め込みやすい場所と言われており、
お肉が急激についてきますので気づいてから絶句する人もいるほどです。

 

また、ふくらはぎにも妊娠線ができる人も時々います。
妊婦になると自分で見るのが難しい部分ですので、
太ももやふくらはぎについては家族などに見てもらうのが良いでしょう。

 

 

【ひざの裏】
普段はあまり皮下脂肪を気にすることの無い部分ですが、
足全体のボリュームがアップすると、ひざ裏にも妊娠線が出ることがあります。

 

ふくらはぎと同じく、お腹が大きくなるとどうしてもチェックが難しい部分ですので、
家族の人に見てもらいましょう。

 

 

 

こうして見てみると、ほとんどじゃないか!と思うかもしれませんね。

 

しかし、ちゃんと妊娠初期から自分の体を丁寧にケアすれば、
妊娠線が出てしまう可能性はそれほどありません。
妊娠線の有無は日ごろの生活やケアの結果ですから、
出産を機に生活や美容意識に変化がない人は、出産後も美しさを維持していくのです。

 

部分によって対応が異なる場合がありますので、部分ごとに考える特別な点に注意し、
そして基本となるクリームやオイルによるマッサージをしっかり行いましょう。

 

 

■これ1つで他の下地化粧品は不要
⇒ フィトリフトのオールインワンジェル